小さなお花屋さん‘風々緑花’のあゆみ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#001 プリムラ・ブルーセンセーション
ブログ開始前に出品していた プリムラポリアンサ‘センセーション’のリースハンギング・・・

P1050044.jpg


‘センセーション’という名に納得の とても澄んだ綺麗なブルー

薔薇もそうだけど
紫やライラック色の花に、ブルーという名前がついている事はよくあるのですが

これは、本当に美しいブルー。
続きを読む »
スポンサーサイト
#004 大人ピンクなランキュラス
薔薇のようなラナンキュラス

P1050183.jpg

クリームホワイトの花びらに、刷毛でさっと刷いたように 深いローズピンクがのっているラナンキュラス

写真はもう花も後半だけど
咲き始めはぽってりとふくよかで、本当に薔薇みたいでした。

ずっと自宅保管していた‘アンティークローズポット’
表面に、わざと塗装を剥がしたような風合いが出されています。

わざとクラックやヨゴレの加工をしてあって、ほんとにアンティークのような鉢、
ここ数年でたくさん見られるようになって嬉しい。

ラナンキュラスに華があるから、
株元にシンプルに 渋めの葉っぱたち。
葉っぱは 色だけじゃなくて 形もなるべく印象の違うものを選んだ方が面白いと思うから
ラナンが映えるよう シンプル、ナチュラルな草花を3種類寄せました。

ラミウム‘ピンクパール’と「ネロ」の名にふさわしい真っ黒クローバー‘ティント・ネロ’。

小花はおなじみのバコパ。
続きを読む »
♯003 アネモネブルーと小さなプリムラ
YAHOOオークションに2鉢ほど出品いたしました。

説明文めっちゃ長いです(゜゜)
だって、自分が欲しい側だったらいっぱい気になるから。単に文才がないという話も
ガマンして読んで下さい(笑)

アネモネブルーの寄せ植え
P1050171.jpg


背丈が高くならず、コンパクトにおさまる‘アネモネポルト’
白もパールも好きだけど、一番好きなのは青。
アネモネで寄せ植えを作ると決めたら、つい買いすぎてしまう。
今秋からは、球根でやってみようか・・・

手前に寄せたのは、見元園芸さんのプリムラ・ジュリアン・ハイブリッド。
まだ名前がついていない。

今年はプリムラショコラがデビューしてすごい人気だけど
この品種も、花色が安定するまで名前がつかず、
暫くして名前がついたり変わったりしていたから
来年あたりは 何か素敵な名前でお目見えできるのかな・・・

ジュリアンよりもずっと小さな花で、2~3cmの花。
今はブルー~パープルのグラデーションにみえるけど、
元はすごく鮮明なブルーストライプでした。
プリムラは気温で色が変わる子がおおい。薔薇もそうだね。

カラーリーフはヘリクリサム・ペチラオレとヘデラ・ホワイトメインハート。
ブルーの宿根ネメシアはまだほとんどツボミ。
続きを読む »
不思議草。
今日は、とても暖かい・・・
先日雪が積もったなんてうそみたいに、空気が春の匂い。

さて、先日仕入れた鉢が今朝届く予定で、ずっと待っている。

庭に出てすることがたくさんあるんだけど、
出てしまうとインターホンが鳴っても気付かないので困る。
庭に出たらすぐ作業に入れるように、いろいろ妄想したり
久しぶりに薔薇のことなんぞ ネットでチェックをして過ごす・・・

ああ、早くきてくれないかな。
大きいものだから再配達は遠慮したいのです。

庭にでて、今日こそはやらねばならぬことがあるのです。

これ・・・
s-P1050154.jpg
続きを読む »
自分と、花のこと。
IMG_4981_1.jpg


子どものころから、何かしらものを作る事が好きでした。

ものごころつく前から絵を描いたり、というのは
誰しもと思うのですが、私も同じで


暇さえあればお絵かきばっかりしていて
眠るころにはお布団の中で、「明日も絵が描ける!」なんて
わくわくしながら眠りについたものです。


そのうち、私が絵を描くのは会社でのシンプルなデザイン画だけになり
退職して結婚をして 子どもが出来てからは
絵を描くよろこびなんて 思い出の中だけのものになってしまいました。


けれど、土いじりの愉しさを教わってからは
植物のもつその繊細で多彩な色彩に心をうばわれて あのころのワクワク感が戻ってきたようでした。



寄せ植えを作るとき、キャンバスに絵を描くような気持ちになります。

色とりどりの草花が寄せられた鉢は、まるで小さな庭のよう。



植えられたばかりの寄せ植えは
日を追うごとに競い合うように大きくなり

月日がたち、雨風を耐えるごとに 植物同士が自然となじんだ姿になって

花も葉も茎も

春にはその日差しのようにやわらかく
暑さが増すころには鮮やかに
寒さが忍びよるころには深い色に染まり

時に はっとするほど素晴らしい色彩で、魅了されてしまいます。

私の生活の中で、園芸は、土と触れ合う歓び
自然の色彩の妙を見せてくれる、かけがえの無い時間になりました。

続きを読む »
はじめまして
偶然、こちらに辿り着いてご覧下さった方、はじめまして

以前からお世話になっている皆様、
ワンデーショップなどの出品でご縁下さっていた方

動き出すのがとても遅くなって、ごめんなさい・・・!



ブログオーナーのwakayoと申します。
賃貸ハイツの1坪半ほどの小さな庭で、土いじりを愉しんでいます。

たまたま選んだ新居がハイツの1階。
花を育てるつもりなんてさらさらなく、本来ベランダに該当するその小さな庭は
どこからともなく飛んできた種から栄えた猫じゃらしや麒麟草の園・・・( ̄  ̄|||)
私はといえば、庭の植物=雑草という意識で抜くことしか頭になく、何か植えようなんて発想は皆無でした。

でも、結婚して迎えた初めての誕生日に、姑に真っ赤なミニチュアローズを頂いた(そして枯らした - - ; )のをきっかけに
あれよという間に園芸にのめりこんでしまいました。

枯らしたミニバラのリベンジに、育て方を調べていたらその可愛らしさに虜になって
あっというまにミニバラコレクターに。
子供が生まれたら、母がいちごの苗をプランターに植えて
初夏にランナーで子株が増えていく姿にまたドハマリ。

賃貸なのだし、あまり増やしてはいけないと言い聞かせてガマンしていた大きなバラも
写真集を眺めるうちに あっけなくそのガマンの掛け金は外れ
見渡せば、庭には見渡す限り ばら、バラ、薔薇の鉢・・・!!



地元のお花屋さんと友達になって、毎日のようにベビーカーを押しながら足しげく通い
薔薇以外にも、様々に魅力を放つ草花たちがあることを知り、
植物の個性や土を配合する面白さを感じ
気づけば「植物の世界」に魅了されている自分がいました。

そうして、30歳を過ぎて自然と 「お花屋さんになりたい」と思うようになったのです。


でもね、年を重ねるにつれ、いろいろと大変な出来事もやっぱりあって
いっときは園芸をする暇もないほど、日々の生活に追われる毎日でした。

けれど、wakayoさんなら出来るよ、と信じてくれていた友人や
遠くから声援をおくって見守ってくれていた方
届けた寄せ植えを心から喜んで下さったお客様の声に勇気をもらい

それになにより、土とのふれあいに歓びを感じている自分の心にまっすぐでいたいと思って

1坪ガーデンでのネットショップオープンにむけ 足を踏み出すことにしました。

とはいえ まだまだ素人の趣味の延長、
今している仕事もすぐには辞める事が出来ない状況。
種類豊富にしっかり在庫をストックできるようなお店を持てるのはもっと先のお話です。
子育てや今の仕事と両立して、愉しみながら今の自分が出来るのは、
ベランダでも育てられるような小さな寄せ植えづくりと、ほんのちょっとの種撒きくらい。

植物との付き合いは日々勉強・・・、失敗して枯らしてしまうこともあるでしょう。

汗や泥にまみれて、時に害虫とたたかったり、
綺麗なことばかりではないけれど

はじめて育てる花のこと
出来上がった寄せ植え、挑戦してみたい技術・・・
試行錯誤の毎日や、園芸の面白さ。

ごくありふれた生活環境のなかで始めるこのあゆみを、
少しでも記録していけたらなぁ、と思っています。


みなさま どうぞ宜しくお願いいたします。

profile

wakayo

Author:wakayo
賃貸ハイツの小さな庭で、寄せ植えのお店をしています。
思い描いていることにはまだまだ遠いけれど、理想に向かって小さなあゆみを続けていきます。
※ネットショップは不定期オープンとなっています。
小さな寄せ植え屋さん :::風々緑花:::

calendar

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

bookmark

Facebook
instagram
news
category
comments
monthly archive
Blog search

counter

RSS feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。