小さなお花屋さん‘風々緑花’のあゆみ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぴーちゃん


はじめまして、わたし、ぴーちゃん。

P1050009.jpg
(うしろにいるのはゲームでグタグタな7才のむすこー)

wakayoさんの息子・けいちゃんの去年の誕生日にここにやってきたの。

ぴーちゃんなんて 安易な名前で呼ばれているけど

「ピッコリーナ・ジョリー」っていう麗しい名前があるんだからね

母「名前なににするー?」
子「う~~~ん」
父「ぴーちゃんとかやめてくれよー」
子「ぴーちゃん!」
母「・・・・・・。」
父「俺はハリウッド女優みたいな名前がいい」
母「アンジェリーナ・ジョリーとか?」
父「ピッコリーナ・ジョリーなーんちゃっ・・・・」
「ぴっこりーなじょりー!!」



続きを読む »
スポンサーサイト
#10 花ホタルと月の光。

大好きな花、コツラ・バルバタ

どなたが名づけたのか、流通名は「花ほたる」
その名前がぴったりの、小さな黄色のボタンのような花が
ひょろっと長い茎の上にふわりふわりと舞い咲きます

銀色がかった繊細で柔らかな葉も、とても優しげなのです。

今年は春が遅くって ようやく蕾をあげてくれました

spring-3.jpg



コツラの隣には、こちらも茎の姿がナチュラルで愛らしい、クリサンセマム・ムルチコーレ。

これは黄色い花が咲く普通種とは違って、淡い黄色の‘ムーンライト’という品種

P1050508.jpg

続きを読む »
#9 プリムラ・ウィンティーの萌黄色寄せ植え

萌え芽の春に似あう、萌黄色の草花をあつめました

prim-2.jpg


主役はライムグリーンのサクラソウ‘ウィンティー’

株元に、薔薇咲きプリムラ‘マスカットのジュレ’と
斑入りのもけもけした葉っぱがやさしい ヘリクリサム・ペチラオレ‘バリエガータ’

他は白の小花を選んで
中央にイベリス・キャンディタフトと 手前に這性のコロセウムアイビー


もう何年も風雨にさらされて、天然モスポットと化した素焼きの鉢にいれました。

続きを読む »
#8 おひさま色の寄せ植え

毎年、早春必ずひと鉢だけ作る「黄色だけの寄せ植え」


Y1.jpg


元気がでないとき

やることいっぱいあるのに、どうしても心が動かないとき

様々な黄色の花を見ていると、やんわりやんわりとだけど
元気が戻ってくるのを感じます。


続きを読む »
#7 Love me tender

Love2.jpg


「ラブ・ミー・テンダー」…

どんな花が咲くのかとても楽しみで 開花前の小さな苗から手元で育てました。

‘やさしく愛して’なんて、どんな甘いピンク色なんだろう?と思っていたら

咲いた色は

ラベンダーピンクに紅茶を滲ませたような
とても深みのある大人のピンクでした。


写真でお分かりいただけるかどうか・・・

何色、と聞かれて一言で言えないような色彩が一輪に彩られています。
心なしか花びらにベルベットのようなしっとりした厚みも感じられるような。

続きを読む »
#6 パンジー‘クリスタル・マーメイド’


クリスタル・マーメイド

あんまり名前がロマンチックだから、名前を言うのに少し気恥ずかしくなってしまう ‘‘=

P1050407.jpg


透明感あふれる花びら。

パンジーの青は紫系が多いけど、この品種は本当に綺麗な水色

クリーム色に、淡い淡い水色を滲ませて、まるで水彩画のよう。

子どものころ、画用紙に水を含ませて
上から溶いた水彩絵の具を ぽとりぽとり

そんな色遊びをしたのを思い出しました。

続きを読む »
うれしい知らせ

初めて 寄せ植えを販売したのは、2006年頃だったのではないかと思う。

それから、出品したり、休んだり
イベントに参加したり・・・また休んだり

そんなことを繰り返しながら、やっぱり 花を仕事にしたい気持ちは変わらなくて
2月、はじめて店名のようなものをかかげて 出品販売しました。

その最初のお客様が 東北の方で
ずっと気にかかっていました。 

Yel-2.jpg

続きを読む »
花の色の不思議・・・
ときどき、なんでこんな色なの?と 花に語りかけたくなるときってありませんか?

P1050393.jpg


ビオラ‘ツタンカーメン’


くるりくるりと翻った花びら

黄色に臙脂色のコンビネーションにもドキッとしたのだけど、
刷毛でさっと刷いたように、シルバーがかかっているんです

花の色にシルバーをみたのは初めてかもしれない。

 なんだか・・・感動・・・


続きを読む »
Heath
Erica canaliculata
heath.jpg


あたたかい桃色の鈴のような花が 無数に咲いて ふわふわゆれる

色も姿も 幸せを運んでくれるかのよう。

花言葉は、「幸福な愛」

続きを読む »
クレマチス・アフロディテ・エレガフミナ
着々と、春の足音が近づいてくる

3月ももう半ばだものね


クレマチスのお目覚め・・・
      
s-P1050262.jpg
※奥にみえるペットボトルの山は、管理人のおっちゃんのです^^


購入して、今年で5度目の春。
初めて手にしたクレマチス。
いつも行く実家近くの園芸店で¥280で売られていた、黒ポットに入った小さな小さな挿し木苗。
続きを読む »
アネモネのおはなし
アネモネ、大好き。(でも一重限定だけど。)

s-P1050216.jpg
わーい民家バリバリ!(^▽^;)ピントが家に合ってるし!笑


ふっくらとしたツボミがひらいて、風にゆられてふわふわり。
‘Wind Flower’という英名がぴったり。

花言葉を調べてみたら、思いのほか・・・
「はかない恋」「恋の苦しみ」「薄れゆく希望」「辛抱」
「清純無垢」「無邪気」「待望」

うっ、つ・辛そうなの多いのね 花びらがはらっと散ってしまうから?
後半の むじゃき に採用決定! 勝手に・・・!!


花びらといえば・・・
アネモネのこの美しいふわっとした花びら・・・は、実は「花びら」ではなくて、「ガク片」です。
続きを読む »
#005 アネモネパールのブリキコンテナ
アネモネ・ポルト‘パール’

P1050227.jpg


透明感のある白に、リラ色が佇んで じぃっといつまでも覗き込んで みつめてしまう。


sP1050229.jpg

うなじ・・・

花のうなじフェチです、、、私(笑)

オールドローズとかね、くびをもたげたような たおやかなラインが好きなの。
うへぇ~ 色っぺぇ~ なんてニヤついて眺めてる。怪しいヤツめ!

続きを読む »
雛祭り寒波?
さ、さむい!

「雛祭り寒波」なんて可愛いネーミングを耳にしましたが・・・
3月なのに粉雪が舞い、バケツの水に氷が張っていました!

今日は日中、ぽかぽかしてましたね。

例年、この時期寒暖厳しいけど、今年はちょっとハゲシイ。
お花もびっくりしているのでは・・・

P1050259.jpg

わたしはというと、

久しぶりに風邪で寝込んで、
寝るが一番ということで、ここ3日間ほど夢の8時間睡眠をがっつりとって(素敵!)
今朝から、少し復活^^

案の定、予定していた仕事の方は、自分のノルマの半分も進めず・・・
自分の力量不足に驚愕だ!

というわけで・・・水曜日くらいまでまだ身動き取れません。


でも、急に暖かくなってしまいそうなので、寄せ植え作りも仕事の合間の
癒しに・・・コソコソやっていきます♪

続きを読む »
#002 夕焼け色のビオラ
ビオラ‘マンゴーアンティーク’

赤でもないピンクでもない、ブラウンでもない・・・
強いて言うなら 赤みの挿した海老茶色?
咲き始めは深く濃く咲いて、咲き終わり少し淡くフェードアウトしていく。
まるで夕やけ。

1輪しか咲いていないけど、この曖昧な色を引き締めるパンジー‘リアルレッド’と一緒に。

P1050047.jpg
続きを読む »
profile

wakayo

Author:wakayo
賃貸ハイツの小さな庭で、寄せ植えのお店をしています。
思い描いていることにはまだまだ遠いけれど、理想に向かって小さなあゆみを続けていきます。
※ネットショップは不定期オープンとなっています。
小さな寄せ植え屋さん :::風々緑花:::

calendar

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

bookmark

Facebook
instagram
news
category
comments
monthly archive
Blog search

counter

RSS feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。