小さなお花屋さん‘風々緑花’のあゆみ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アネモネ‘オーロラ’と香りのヒヤシンス

先日、無事にお届けした寄せ植えです。

とっても嬉しかったのは
ずいぶん出品できないでいたのに
以前ご縁を下さった方が、気に留めて下さっていたこと。
本当にうれしかったです。

うん、よし、
迷わないで、悩みすぎないで、
前に進もう!と強く思いました。

IMGP0128.jpg


アネモネは絶対に一重、と決め付けていたところがあって・・・
ゴージャスなイメージのある八重にはなかなか手を出せずにいました。

でもね、実際に手にとってみてみると
花びらの重なりとか、
ひとひら ひとひらの色の抜け方とか・・・
とても繊細で 綺麗な色をした小鳥の羽毛のようなのです。

一重の、ひらりと風に揺れる軽やかさとはまた違う、
ふんわりとした軽やかさがあって。

品種の‘オーロラ’という名前にも、思わず頷く。
花持ちも、すごくいい。

IMGP0115_20130224014040.jpg

咲き始めは、見慣れたアネモネの蕾なんだけど
咲き始めてから 「どこにこんな?」と思うほど
花びらがあふれてくるのは、ちょっと薔薇に似ている。

この画像で、まだ8割方咲いたというところだ。
ここからもっとふんわりと羽のように広がる。

ぷりっぷりの蕾をたくわえたヒヤシンスと
セダムを数種類植えています。


育て方のリンクです。
植物名をクリックするとリンク先へ飛びます。

アネモネ
追記)アネモネの球根の性質は、先日書いたラナンキュラスとよく似ています。
ここにももう一度書いておきたいことが、いくつか。

花は、萎れてきたと思ったら積極的に摘んだ方が
株の体力が維持でき 花付きがよくなります。

茎ごと全てカットするのではなく、地際から3cmほど上のところをカットします。
これは茎から雑菌が混入しないようにするためです。

古葉は次々黄色くなり枯れますので、随時取り除いて下さい。
昼間が25℃、夜温が15~20℃になるころには葉を枯らせて休眠します。

関東以北では植えっぱなしでも毎年咲いてくれることが多く、
今までアお届けした方からも、翌年咲いたとのうれしいご報告を頂いています。
ラナンキュラスよりは咲きやすい・・・かな?という感じなのですが、
確実に咲かせたかったら、球根を掘りあげた方がいいです。

寄せ植えではそれが難しいので、個人的にはいつも植えっぱなしで
その代わり、施肥や温度管理をちゃんとしてあげます。

5度以下の寒さに1ヶ月以上あててあげないと花が咲きにくくなります。
肥料不足や水切れで葉が縮れたり黒ずんだりして、
そうなるとその後の花付きが悪くなるので注意が必要です。

ヒヤシンス
追記)植えっぱなしでも毎年割いて、素晴らしい芳香を愉しませてくれます。
ただ、年々パワーが減るのか原種に立ち戻ってゆくのか、
花数が少しずつ減ってボリュームダウンし、楚々とした雰囲気になります。
ヒヤシンスのゴージャスな感じが好きで、一年で処分する方も多いです。
試したことはないのですが(すみません)、球根を掘りあげて
秋に植えなおしてあげると、またボリュームたっぷりに咲いてくれるのかもしれません。

花が終わったあともかなりしっかりと長い間葉と茎が残るので
地域差もありますが、葉茎が枯れてくるのは5~6月でしょうか。
リンク先にかなり詳しく育て方を書いて下さっています^^
あまり気にしなくても、簡単に素敵な花を愉しめる植物です。

セダム
追記)セダムは本当に丈夫・・・
ちょっぴりこぼれた葉のかけらから、
生え広がること生え広がること・・・
私は薔薇や果樹などのマルチング代わりに、
鉢の表土にセダムを摘んだ茎をばらっと蒔くのですが
春夏にはしっかり鉢の表面を覆ってくれます。
根の張りも浅いから、他の植物の邪魔もしないイイ子です。

多肉植物、と思ってしまうと 実はそれほど保水力がないので
枯らしてしまうことも多いようです。
お水やりはしっかりあげて下さいね。


鉢全体の管理としては
球根たちを、そのまま植えっぱなしにするのか
掘りあげるのか、という点でどう管理するか分かれます。

掘りあげるなら、個別のリンクのように、個々に球根をきっちり保管する。
そのままにするなら、蒸れて腐らないように
花後暑くならない場所へ移動する。

これらはやはり、一度やってみて身についていくと思います。

ちなみに、私は・・・
植えっぱなしで 鉢を陽の当たらない軒下へ移動・・・
これで完全に水切れした状態で翌シーズンへ。
秋の豪雨で目(芽)を覚ます。
──という、スパルタというと聞こえがいい、ただのズボラーです。--;
これでも大丈夫なんですって!でも!自己責任で!!(笑)

スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://fufuryokka.blog38.fc2.com/tb.php/127-1e008c3f
profile

wakayo

Author:wakayo
賃貸ハイツの小さな庭で、寄せ植えのお店をしています。
思い描いていることにはまだまだ遠いけれど、理想に向かって小さなあゆみを続けていきます。
※ネットショップは不定期オープンとなっています。
小さな寄せ植え屋さん :::風々緑花:::

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

bookmark

Facebook
instagram
news
category
comments
monthly archive
Blog search

counter

RSS feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。