小さなお花屋さん‘風々緑花’のあゆみ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
#18 ブルーサルビアの静かな寄せ植え



P1080054_20111008205038.jpg

ジャンクテイストのブリキの鉢に
花の色も葉も魅力的なブルーセージを。

他は斑の美しいものや動きのあるリーフばかりにして、静かに、静かに・・・。

個人的には、こんな色味を控えた、花:葉=7:3 くらいの寄せ植えが好きです。


ここから下は、お届けした方の為にも、育て方のアドバイスなど含めた記述になります。





20111003-2.jpg


サルビア‘シナロエンシス’

シナロアセージ、サルビア・コズミックブルーなどの名でも知られています。

丈は20~30cmと サルビアの中でもコンパクトな草姿にまとまり、
真っ青な美しい花穂をあげ 紫がかった葉とのコントラストがとても美しい品種です。

穂状に咲く花は、下から段々と蕾がひらいていきます。
ある程度咲き進んだら、穂ごと元からカットしてあげください。

葉の付け根の少し上でカットすると、そこから脇芽が伸びて
花穂が立ち上がり、花数が増えます。


耐暑性・耐寒性も強く丈夫ですが、
夏場は風通し良く蒸れないように。
冬場は霜に当てぬよう、凍らない場所に置いて下さい。

花はこちらでは春から晩秋まで咲きます。寒いところでは、初夏から秋。
花のない時期も 美しい葉色を楽しめますが、寒さが増してくると葉の数が減るので
冬の休眠前に 少し深めに剪定をしてあげるとよいです。


サルビア‘ガラニティカ(グアラニチカ)’

サルビアの中では大き目の花をつけ 強健で香りも良く人気の高い品種です。

明るめの葉に、黒みを帯びたガクと 藍色の花 そのコントラストが本当に綺麗。

サルビアは数多くの品種があり、耐寒性・耐暑性、樹形などの性質も様々ですが
草花の印象であるシナロエンシスに比べると、ガラニティカはかなり大型で
茎や葉の付き方をみても、これが低木の性質であることが分かります。

地に下ろすと花穂も長く、開花期は樹高が1m以上になることもあります。
ポットではそこまで大型化しませんが、仕立てたい姿を維持するために、
花後に深めにハサミを入れるなどして、脇芽の発達を促すとよいです。

冬越しなど他の管理はシナロエンシスとかわりありません。
こちらの方が、幾分寒さに強いかな?という感じですが
暖地以外では霜よけをした方が無難です。

誤ってメドーセージの名で出回っていることが多いのですが
本物のメドーセージとはS.pratensis(サルビア・プラテンシス)の英名で
姿もかなり違います。


ハツユキカズラ(初雪葛)

ハツユキカズラという名で独立していますが、日本古来のテイカカズラの斑入り品種です。

一年中鑑賞できますが、特に高温期は斑が鮮明に出て美しくなります。
非常に強健で暑さ寒さに強く、耐陰性もありますが、
日照が不足すると綺麗な斑がでなくなります。

真夏の直射日光で少し葉ヤケを起こす事があり、
高温期は過湿にすると下葉が蒸れて茶色くなることがあるので
暑い季節は下葉を少し整理してあげると過ごしやすいでしょう。

春~夏に時々枝を刈ってあげ、施肥をすると、美しい葉色を維持できます。
乾燥にも強いですが、水切れのダメージが影響しやすいので、乾きすぎないよう注意します。


ワイヤースペード

葉がスペードの形に似たミューレンベッキアです。

ミューレンベッキア属は 細い枝や草姿が針金に似ていることから
‘wire vine’という英名があり 丸葉のものはガーデニングでもワイヤープランツの名でおなじみ。

管理などはワイヤープランツと同じで 日光をこのみ、比較的耐陰性もあります。
大きく違うところは、2点ほど。
普通種よりも気温の変化に敏感で、冬に落葉すること。
また、ツルの性質がとても強く、近くに他の木やフェンスがあれば
どんどんツルをのばして巻きついていきます。

ある程度、コンテナに合ったサイズを維持するために、時々剪定してあげた方がよいと思います。
冬場落葉したときの姿は、針金そのもの。
ワイヤーアートのような感覚で、コンテナに飾るように愉しんでください、面白いですよ。

水切れしてしまうと葉がチリチリになり丸裸になってしまったりするのですが
とても強健で幹は生きていて
しばらく(…数週間、数ヶ月とけっこう長いです)すると また葉が出てきます。
この事からもわかりますが、ワイヤープランツは低木なのです。

大株に育てたことがおありの方はご存知だと思うのですが
苗で出回っている姿は挿し木の繊細な株ですが
数年すると幹がしっかり木質化して根元の太さもかなりのもの、
これが樹であることをしっかり認識できます^^;


ヒューケラ

様々に個性的な色が美しく、人気のヒューケラ・・・
今回は、マットな銀色が美しい、シナバーシルバーを。

ヒューケラは白斑の繊細なものだけは 高温期の日よけが必要ですが
緑葉などは真夏の直射日光だけ気をつければ どんな場所でも育てられます。

あんまりにも暗いと美しい葉色が出なくなるので、
秋~春はしっかり日に当てた方が良いと思いますが
ほんとに手間要らずで丈夫です。・・・多湿はちょっと苦手かなー

株もとのクラウンがせり出ていると、綺麗な新葉が生まれてきません。
繰り返しの水遣りや、古葉が落ちてクラウンが露出してきたときは
少し土をかぶせてあげるようにしてください。

花の美しい品種もたくさんあります。
花を咲かせるためにはしっかりと低温にあてる必要があるので
冬は戸外で越冬させるようにして下さい、耐寒性はとても高いので大丈夫。

P1080109.jpg

と、ここまで書いてみて・・・長い。うん、長い・・・!読みづらくてすみません

リーフ類はカテゴリを個別にたてようか・・・迷います(--;

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 

こんじまりとやっていますが、一応 個人業者としてお許しを頂いて
某園芸サイトの会員となり、そこからデータなどを頂けるようになりました。

でもそのまま開示はできませんし、ひとつのサイトに記された「育て方」が
日本全国どこにでもあてはまるものでもありません
事実、利用させて頂いてるサイト様の内容も、自分の育てた経験と違うこともあります。

上記の記述は、サイト様のお力添えのもと、
暖地(神戸)に住んでいる自分が育ててみて学んだことや
気付いたこともふまえて書いています。

ですので、読んで下さる方の経験と必ずしも一致しないかもしれませんし
否定の意見も もしかしたらあるかもしれません。

ですが、何年も園芸をやっていて
どんな些細なことも勉強になる、参考にはなると感じています。

どなたかのために 少しでもお役に立てたら、と思って
出品したお花のことは、できるだけここにアップしていこうと思います。

未熟者ですが、どうか温かく見守ってくださいませ^^

スポンサーサイト

この記事へのコメント
97. sakae   URL  2011/10/09 11:55 [ 編集 ]
個人事業主さま♪
社長さま!
へへぇっ。

冗談はさておき
植物ってこんなにも育て方違うんですね。
ズボラ王オイラには無理だ。
98. wakayo   URL  2011/10/13 17:59 [ 編集 ]
*Sakaeさん
こんにちは!
・・・はずかしくてコメント公開するか迷ったぢゃないの。`へ´

って、こちらこそ冗談はさておき
文章で書いちゃうと手間なようだけど 実際結構気楽に育ててます
ええ、薔薇にくらべればよっぽど!
薔薇も夏場放置ですが!(笑)

こじんじぎょうしゅ・・・早く正式に、堂々そう名乗れるようがんばります。
まだ、お取引のための申請のため・・・形式上なので・・・しゅん。
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://fufuryokka.blog38.fc2.com/tb.php/82-26e7b474
profile

wakayo

Author:wakayo
賃貸ハイツの小さな庭で、寄せ植えのお店をしています。
思い描いていることにはまだまだ遠いけれど、理想に向かって小さなあゆみを続けていきます。
※ネットショップは不定期オープンとなっています。
小さな寄せ植え屋さん :::風々緑花:::

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

bookmark

Facebook
instagram
news
category
comments
monthly archive
Blog search

counter

RSS feed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。